人気ブログランキング |
ブログトップ

鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん

香港ときどき台湾、日本。猫と共に三都物語。


by mangonaoko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

電話予約から始まる香港婚姻登記

a0132659_12115924.jpg
日本では式を挙げようがどうしようが、役所に婚姻届さえ出せば婚姻成立ですが香港は違います。
「婚姻登記所」というのが5箇所あるのですが、かならずここで一連の儀式をしなくてはいけないのです。
儀式といっても、宣誓をして、指輪の交換と誓いのキス、そして結婚証明書にサイン・・・というごくごく普通。
これをしないことには政府から「結婚証明」が発行されませんので、事実上の婚姻が成立しないわけです。

この登記所はどこを選んでもOK。
人気があるのは香港公園内にある紅棉路と、プロムナード近い尖沙咀でしょう。
旅先でウェディングドレスの人に出会いたいなら、この辺ウロウロすれば当たるでしょう。
なんといっても15分に1組の割合で進みますから、週末や人気のあるクリスマスとかはわっさわさいますよ。

どこの登記所にするか決めたら、電話予約で登記時間の予約です。
これは希望日の3ヶ月前から受付開始。クリスマス希望とかはチケット予約並の争奪戦とか。
私は木曜日という平日だったので、すんなり希望の午後で予約完了でした。
この予約時間・・・曜日に関わらず午後の希望者がほとんどなんです、
というのは午前嫁取り儀式~登記~披露宴が一般的な流れなのでね。pm1:00~3:00が人気です。

で、無事登記の日時が決定すれば、
後ほど参列者候補の皆様に連絡したり、衣装やらの手配に入るのですが
ここで面白いのが、15日前から「○○と△△が×月×日に結婚します」という紙を公示するんです。
この期間公示していて、誰からも反対がなければ無事当日に登記を行える・・・ということなんですが
反対にあった人っているのかしらね? 私なんてこれがどこに公示されてたかすら、知らないのに・・・・。

a0132659_12133775.jpg
当日はだいたい皆ウェディングドレスに着替えて登記所へ・・・・・・・・・
ここで写真撮影大会が繰り広げられます(登記の後も・・・・というか1日中なんだけど・・・撮影)
私の時も外に他2組が待機・・・・本当に15分間隔なんですよ。
で、15分前くらいになったら登記所の中へ・・・・・・・・・
外国人なので私と証人になる父はパスポート持参です。
a0132659_12145830.jpg

そして、まずは事務的に手続きと、支払い。
はい、ウェディングドレス着て普通にお金払います・・・・・・・・・・
証明書代が305ドル、登記料金が約715ドル。
営業時間外だとこの登記代が1935ドルに跳ね上がるんですよ。
お役所なので・・・・・週末や祝日もこの「時間外」
こんなところにもあるんですねぇ・・・「休日割り増し」(笑)
なので黒色暴雨警報や台風シグナル8発令されると、この登記の予約もパーになります。
午後から晴れた日なんて、午前→午後の変更にはとても高くお金がかかったという話もありましたよ。
詳しくはこちら

時間になったら登記所の部屋に入り、いよいよ婚姻儀式の始まりです。
終わったら退室し終わる前に次のカップルが・・・という余韻もない本当に慌しい登記。
でも、この15分がないと夫婦にはなれないので、とっても大事な15分なのです。

休日は平日の2.7倍って差大きすぎませんか?冠婚で休日が時間外ってあんまりです。

今日もありがとうございます。ランキング参加しています。ポチッと1票嬉しいです。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by mangonaoko | 2009-10-29 12:19 | 国際恋愛・結婚